トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

必要なもの

Last-modified: 2008-10-02 (木) 23:36:35 (3728d)
Top / 必要なもの

システムトレード徹底比較

システムトレードに必要なもの

ここでは、システムトレードをするにあたって必要な準備について紹介します。

パソコン

当たり前ですが、検証や自動売買などはすべてパソコンで処理します。

バックテスト(戦略検証)をするだけならそこまで高性能である必要はありませんが、

自動売買をする場合は、パソコンの故障や回線障害をある程度考えてシステムを構成したほうがよいです。

パソコン故障で、仕切注文ができなかったりしたらかなりの痛手ですですので・・・

取引口座

株やFXなどをやるための口座が必要です。

特にデイトレードやワンデイトレードなど取引回数の多いシステムでは

手数料・スプレッドもバカにできないので、取引コストが小さい口座を開設しましょう。

検証ソフト

考えた戦略を検証するには、検証するためのソフトが必要です。

下記に検証ソフトについて、レベル別に紹介します

私のオススメとしては、初心者・スピード重視向けのツールで思いついた戦略を

スピード重視でガンガン検証していき、使えそうなものが見つかれば中級者・上級者向けの

ツールでさらに突き詰めていくという方法です。(まずは数で勝負!)

初心者・スピード重視向け

初心者の方や、思いついたシステムを片っ端から検証したい

という人におすすめできるのが、マウスだけでも誰でも簡単に検証できるソフトです。

代表的なソフトとしては、イザナミパイロンがあります。

例えばマウスで、

  • ○%の利益 または ○%の損失で売り

など条件を指定するだけで簡単に検証結果が出力されます。

この手のソフトの弱点として、拡張性が弱いことがありますが

イザナミは、中級者向けに独自指標の作成などもサポートしていますのでおすすめです。

中級者向け

既製品で用意された、指標だけでは物足りないので独自で作成したいという人には、

ExcelやOmegaChartMetaTrader4などをオススメします。

ある程度のプログラミング能力は必要ですが、ある程度自分の思う通りの検証が可能です。

また、初心者向けで紹介したイザナミは独自指標の作成機能もあるため、中級者向けとしてもおすすめできます。

上級者向け

すべてを自分の思うとおりに作りたいという人には自作をオススメします。

私はJavaで作成した検証アプリケーションを利用しています。

非常に手間はかかりますが、自分の思ったシステムを自由に作成できるのは大きな強みです。

最後に

最後に何よりも大事な物、それは



投資へのやる気



これが本当に重要です。

ただ何となく購入する、裁量トレードとは違い、システムトレードはそれなりの準備(手間)が必要です。

とにかくモチベーションを絶やさず続けることが本当に重要なんです。

(自身のモチベーションアップが私がこのサイトを始めた理由の一つでもあります)