トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

最大ドローダウン

Last-modified: 2008-09-26 (金) 04:52:57 (3732d)
Top / 最大ドローダウン

システムトレード評価指標

最大ドローダウンとは(読み:さいだいどろーだうん、英語:Maximum Drawdown、MDD)

特徴


  • システムの資産推移の中で、それぞれの時点以前の最大資産額の差の最大額
  • 言い換えると、前回の資産ピークを更新する前にどれだけ資産が下落したか
  • 大きいほど不安定なシステム
  • 最大ドローダウンはパーセントで評価するのが一般的
  • 最大下落率とも言われる


計算式


時刻TにおけるMDD(最大ドローダウン) = MAX[t0∈0,T] ( MAX[t∈0,t0] ( x(t)-x(t0) ) ) 

 x(t):時刻tにおける純資産
 t0:ある時点の直近時間


コーディング

下記はMDD(パーセント)を計算するコーディングを表す(Wikipediaより引用)

//NAV[i]:時刻iにおける純資産
//DD[i] :時刻iにおけるドローダウン
//MDD   :最大ドローダウン(%)

MDD = 0
peak = -99999
for i = 1 to N step 1
   if(NAV[i] > peak) then peak = NAV[i]
   DD[i] = 100.0 * (peak - NAV[i]) / peak
   if(DD[i] > MDD) then MDD = DD[i]
endfor


コメント

システムトレードにおいて、非常に重要視されている指標の一つ。
他の指標(プロフィットファクターなど)がよくても、最大ドローダウンが大きすぎると、
損切りが発生したり、精神的に運用に耐えられなかったりする。
実運用していく中で、最大ドローダウンを抑えシステムに従うことが重要。


フラット期間とあわせて評価することが重要。